外国為替証拠金取引とは?

外国為替証拠金取引とはどのようなものですか?@

1998年4月に金融ビッグバンの一環として
改正外為法が施行され、
外国為替業務が完全に自由化されました。

 

外国為替証拠金取引というのは、
この規制緩和によって誕生した金融商品のことです。

外国為替証拠金取引とはどのようなものですか?A

これにより、
個人向け商品として誕生したのが

 

「外国為替証拠金取引」ということになります。

外貨預金と外国為替証拠金取引との違いは?

外国為替証拠金取引は、
外貨預金よりも次の点で有利です。

 

■少ない資金で大きな取引ができます。
■購入手数料を低く抑えられます。
■リアルタイムレートで利益のチャンスが拡大します。

 

ちなみに、通常、
テレビや新聞で見る為替レートでは、
外貨を売買できません。

 

銀行でドルを購入する場合には、
為替レートに1円上乗せされた購入レートで
買うことになります。

 

【スポンサーリンク】

外国為替証拠金取引のメリットにはどのようなものがありますか?

外国為替証拠金取引のメリットとしては、
次のようなことが挙げられます。

 

■少ない資金で大きな取引ができる
外貨預金に1万ドルを預けるには、
100万円以上の資金が必要になりますが、

 

外国為替証拠金取引でしたら、
必要資金は外貨預金のおよそ10分の1程度※で済みます。

 

※必要資金はFX業者によって異なります。

 

■低コストで外貨を売買できる
銀行で外貨を購入する場合には、
1ドル当たり1円が購入レートに上乗せされますが、

 

証拠金取引の上乗せレートを含めたコストは、
1ドルにつき5銭程度※にすぎません。

 

なので、
取引する金額が大きくなればなるほど、
このようなコストの差が運用成績に大きく影響してきます。

 

※購入レートや手数料は、FX業者によって異なります。

 

■為替レートがリアルタイムで動く
外国為替証拠金取引では、
為替レートがリアルタイムで動くことが魅力です。

 

といいますのも、銀行のレートですと、
通常1日1回しか更新されませんが、

 

証拠金取引のレートは
ほとんどがリアルタイムで更新されますので、
機動的に取引でき、利益獲得のチャンスを逃さないからです。

 

【スポンサーリンク】