為替レートとは?/為替取引で利益を得る方法は?

為替レートとは何ですか?

為替レートというのは、
2つの通貨を交換する比率のことで、
外国為替相場ともいいます。

 

例えば、為替レートが1ドル=100円の場合、
100円を支払うと1ドルに交換することができます※。

 

※ただし、実際の取引の際には、
 手数料がかかる場合があります。

為替取引で利益を得るとはどのようなことですか?

外国為替市場では、
為替レートが、
各国の経済状態や指標などによって
刻々と変化します。

 

このため、
1ドル=100円のときにドルを買い、
110円になったときにドルを売ることで、
1ドル当たり10円の利益が得られるのです。

 

仮に1万ドルを買っていたとすると、
このときの利益は10万円ということになります。

 

ちなみに、実際、このような取引は、
外国為替市場では常時行われています。

企業の為替取引はどうですか?

現在は、
経済のグローバル化が進んでいますが、
そのような中で多くの企業が為替取引を行っています。

 

ちなみに、
国内でモノを製造し海外に輸出する企業は、
代金として受け取った外貨を銀行で円に替えます。

 

また、
海外からモノを輸入している企業は、
銀行で円を外貨に両替したり、

 

または
海外市場で外貨建ての債権を発行するなどして、
外貨を調達するとともに、決済しているのです。

外国為替市場の特徴にはどのようなものがありますか?

外国為替市場の特徴としては、
次のようなものがあげられます。

 

■インターバンク市場と対顧客市場
■相対取引 ⇒ 「あいたいとりひき」と読みます。
■24時間眠らない市場

 

【スポンサーリンク】