インターバンク市場と対顧客市場、相対取引

インターバンク市場とはどのようなものですか?@

通常、通貨は
銀行などの金融機関同士が、
通信端末や電話を使って直接連絡を取り合い、
100万通貨単位で売買を行っています。

 

これをインターバンク市場、
または銀行間取引といいます。

インターバンク市場とはどのようなものですか?A

一般的に、
外国為替市場というときは、

 

このインターバンク市場のことを指します。

対顧客市場とはどのようなものですか?

個人や企業が為替取引を行う場合には、
金融機関を介して、
インターバンク市場で取引することになります。

 

対顧客市場というのは、
このような金融機関と
個人や企業との取引を総称したもののことをいいます。

 

【スポンサーリンク】

相対取引とはどのようなものですか?

外国為替市場というのは、
1対1の相対取引です。

 

この相対取引というのは、
売り手と買い手が1対1の関係で、
通貨、数量、価格を決めて取引することをいいます。

24時間眠らない市場とはどういうことですか?

24時間眠らない市場というのは、
外国為替市場は、
24時間絶えずどこかで市場が開かれている※
ということを意味しています。

 

※取引が行われているということです。

具体的には?

まず、月曜日の朝、
ニュージーランドのウェリントン市場から取引が始まり、
東京市場がオープンすると、
取引の中心はアジアへと移ります。

 

そして、
東京時間の17時くらいからロンドン市場が開くと、
取引は欧州へと移っていきます。

 

その後、
東京時間の22時からニューヨーク市場が始まり、
翌日の早朝には、再度ウェリントン市場へと戻ります。

 

こうしたリレーが続いた後、
土曜日の朝にニューヨーク市場が閉じることで、
外国為替市場の1週間が終了します。

 

このように、外国為替の取引では24時間、
その時々の為替レートで取引できるのです。

 

<日本時間で表示した各市場の取引時間(夏時間)>
■ウェリントン ⇒ 4:00〜12:00
■シドニー ⇒ 7:00〜16:00
■東京 ⇒ 9:00〜17:00
■シンガポール ⇒ 10:00〜19:00
■バーレーン ⇒ 14:00〜23:00
■フランクフルト ⇒ 15:00〜1:00
■ロンドン ⇒ 17:00〜3:00
■ニューヨーク ⇒ 22:00〜7:00

 

【スポンサーリンク】