外貨建てMMFと外貨預金との違いは?/メリット、手数料、為替レート、リスク...

外貨建てMMFとは?

外貨建てMMFというのは、
高い格付けの外国短期証券に投資する
外国籍の投資信託のことです。

 

また、この外貨建てMMFは、
証券会社が外貨預金への
対抗商品として販売しているものです。

外貨建てMMFと外貨預金との違いは?

外貨建てMMFは、
外貨預金とは異なり、

 

運用をファンドマネージャーに委託するので、
確定利回りではありません。

 

つまり、
運用商品のため利回りは確定ではなく、
実績分配であるということです。

外貨建てMMFのメリットは?

外貨建てMMFのメリットとしては、
次のようなことがあげられます。

 

■運用成績がよければ高い利益が見込めます。

 

■少額でも投資が始められます。

 

■円による元本保証はありませんが、
 比較的安全性は高いです。

 

【スポンサーリンク】

外貨建てMMFの手数料は?

外貨建てMMFの手数料は、

 

1ドル当たり、
片道おおむね50銭程度になります。

外貨建てMMFの為替レートの更新は?

外貨建てMMFの
為替レートの更新は、

 

通常、
1日複数回です。

外貨建てMMFのリスクは?

外貨建てMMFの場合、
為替リスクとファンドマネージャーの
運用リスクがあります。

 

【スポンサーリンク】