外貨預金のデメリットは?

外貨預金の隠れたコストとは?@

外貨預金というのは、
外貨投資の代表的なものなので、

 

外貨で資産運用しようとする人が
まず思いつく金融商品です。

外貨預金の隠れたコストとは?A

しかしながら、
実際に外貨預金をやってみると
思いのほか儲けがでないことに気づくはずです。

 

これは、
外貨預金の手数料が高すぎることが、
1つの要因になっています。

具体的には?

例えば、
銀行で1万ドルの外貨預金をするとします。

 

あなたは、テレビのニュースで、
現在1ドル=110円と言っていたので、

 

今1万ドルを買って111円のときに売れば、
1万円の儲けになると考えました。

 

しかしながら、銀行では
ニュースの為替レートと同じレートでは、
円とドルを交換してくれるわけではありません。

 

といいますのは、銀行では、
毎日午前10時に公示レートをもとに、
各通貨の仲値※を決めていて、

 

銀行で顧客が外貨を買うレートというのは、
この仲値を基準にして
為替手数料を上乗せしたものになるからです。

 

米ドルの場合ですと、
通常1円が上乗せされます。

 

つまり、
仲値が1ドル=110円のときにドルを買う場合には、
仲値にプラス1円された
1ドル=111円が購入レートになりますので、

 

1万ドル分買うには、
111万円が必要となるのです。

 

そして、その後
当初売ろうと思っていた1ドル=111円になったときに、
あなたは銀行に行って1万ドルを売ろうとします。

 

すると今度は、
仲値から1円を差し引いた
1ドル=110円でないと売ることができません。

 

この結果、
円で戻ってきたのは110万円ということになり、
1円の円安により利益を出すどころか、

 

△1万円(110万円−111万円)
の損失を出してしまったことになるのです。

 

これはどういうことかと言いますと、
外貨預金の場合は、
2円以上円安にならないと、
儲けが出ないということになるのです。

 

※取引の基準レートのことです。

 

【スポンサーリンク】