マージンコール、ロスカットとは?

マージンコールとは?@

マージンコールというのは、
損失の警報にあたるものです。

 

例えば、
FX会社の口座に証拠金として10万円を入金して、
1ドル=100円のときに1万ドルを買ったとします。

マージンコールとは?A

その後、
為替レートは予想とは反対に動き
1ドル=95円になり、
5万円の損失が発生しました。

 

このとき、
証拠金から損失を差し引いた有効証拠金額は
5万円になりますが、

 

この当初の証拠金に対する有効証拠金額が
50%※を下回った時点で
マージンコールが発生します。

 

※FX会社によって、この割合は異なります。

ロスカットとは?

ロスカットというのは、
有効証拠金が証拠金の20%※を下回ると、

 

すべてのポジションが自動的に決済されて、
取引が終了されることをいいます。

 

為替相場では、
相場の急変により
レートが急激に動くということもよくありますので、

 

こうした場合に、
このロスカットというのは、
損失を最小限にするための安心の仕組みといえます。

 

とはいえ、
マージンコールやロスカットは、
できるだけ避けたいですので、

 

余裕を持ってFX取引のするためにも、
レバレッジを低くして、
証拠金に余裕を持たせるようにしたいところです。

 

※FX会社によって、この割合は異なります。

 

【スポンサーリンク】

ポジションとは何ですか?

ポジションは、
損益が確定していない買い注文、
あるいは売り注文のことです。

 

例えば、FX会社の口座に入金後、
パソコンから1万ドルの買い注文を出したとします。

 

この注文が成立した後、
購入したドルは、

 

刻々と変動する為替レートによって
評価額も変動していきます。

 

ポジションというのは、
このように損益の確定していない注文のことをいいます。

 

ちなみに、
ポジションの損益というのは、
為替レートの変動によって常に変化していますので、

 

こまめにチェックして、
利益獲得のチャンスを逃さないようにしたいところです。

 

【スポンサーリンク】