OCO注文とは?/IFO注文が便利なのは?

OCO注文とはどのような注文方法ですか?

OCOは、One cancels the other の略です。

 

OCO注文では、
2種類の注文を同時に出しておいて、

 

どちらかが成立したら、
片方はキャンセルされるという注文方法です。

具体的には?

例えば、現在1ドル=110円で買った
ポジションを保有しているとします。

 

OCO注文は、
為替レートが予想通り円安に進めば利益を確定し、

 

反対に、
円高に進めば損失を限定するために決済したい
と考えている場合に使うと便利です。

 

つまり、
1ドル=113円になったら売って利益を確定し、
1ドル=108円になったら売って損失を限定させたい場合に、

 

OCO注文なら、
先に売り指値注文が成立すると、
売り逆指値注文はキャンセルされるのです。

円高でも円安でも買いのOCO注文とは?

OCO注文では、
次のような注文も出すことが可能です。

 

例えば、
現在の為替レートが
1ドル=110円あたりを前後しているときに、

 

105円まで下がったら
絶好の買い場であり、

 

また、反対に、112円を超えていくようであれば、
本格的な上昇トレンドとなり
さらに上昇していくと考えられるので、
そこも買い場である、

 

と考えるときに、
105円の買い指値注文と112円の買い逆指値注文が
OCO注文で出せます。

 

【スポンサーリンク】

IFO注文とはどのような注文方法ですか?

IFO注文というのは、
IFD注文とOCO注文を
組み合わせた注文方法のことです。

 

つまり、IFO注文を使えば、
新規注文から決済注文まで、

 

自分が描いたシナリオに沿った条件を
注文にまとめることができるのです。

 

よって、IFO注文は、
究極の自動売買といえます。

IFO注文が便利なのは?

例えば、
会社から帰宅した後、
ドルを買う新規注文から決済まで
IFD注文を出しておきます。

 

こうしておけば、
たとえ米国経済指標の発表などによって、
夜中に為替レートが急変するような場合にも、
安心して眠ることができます。

 

【スポンサーリンク】