ユーロは基軸通貨になり得る?/ユーロに関する重要な経済指標は?

ユーロはどのような通貨ですか?@

ユーロは比較的原油高に強い通貨で、
地学的リスクも低いとされています。

 

また、近年は、
ドルに対する不透明感が強まっていることもあって、

 

米景気に減速懸念や地学的リスクが生じたときには、
資金逃避先としてユーロが買われる傾向にあります。

ユーロはどのような通貨ですか?A

現在、拡大ユーロ政策がとられているので、

 

今後、さらに
ユーロ圏が拡大するとみることもできます。

ユーロは基軸通貨になり得る?

上記のような背景があるので、
ユーロを第二の基軸通貨とする
見方も少なくありません。

 

しかしながら、
ユーロ圏というのは、
複数の国で成り立っているので、

 

各国の景気を反映した舵取りが必要になるなど
不安材料もあります。

 

【スポンサーリンク】

インターバンク市場で最も取引量が多い通貨ペアのは?

インターバンク市場で
最も取引量が多い通貨ペアは、
ユーロ/ドルです。

 

このユーロ/ドルという通貨ペアは、
常に数億ユーロ規模の売買が行われています。

ユーロに関する重要な経済指標にはどのようなものがありますか?

ユーロに関する重要な経済指標としては、
次のようなものがあります。

 

■加盟各国のGDP

 

■加盟各国の貿易収支

 

■ECB(European Central Bank1:欧州中央銀行)
 の政策金利...など

米国が世界の基軸通貨とは?

基軸通貨というのは、
世界各国の通貨の相対価値を決める単位として
機能しているものです。

 

また、基軸通貨は、
各国の準備通貨や決済通貨として
広く用いられている通貨のことをいいます。

 

ちなみに、
基軸通貨は国際通貨とも言われ、
現在では、米ドルが基軸通貨と呼ばれています。

 

【スポンサーリンク】