カナダドルの長期トレンド・影響を与える指標等は?

カナダドルの特徴は?@

カナダドルは、キャンドルという愛称で呼ばれていて、
米国経済の影響を最も大きく受ける通貨です。

 

また、カナダドルは、
以前は高金利通貨と見られていましたが、

 

豪ドルやNZドルとの金利差が拡大したので、
一時、豪ドル買い・カナダドル売りの動きもありました。

カナダドルの特徴は?A

しかしながら、
カナダは、長期にわたり
経常・貿易黒字を続け、

 

安定した経済状態であることから、
売りは短期間で終結しています。

カナダドルの長期トレンドは?

カナダドルは、2004年以降、
上昇トレンドとなっていますが、

 

特に2005年〜2007年にかけては
急上昇しています。

 

これは、
米国経済が堅調だったことや、
FX人気、商品市況高が背景にあるとされています。

カナダドルがFXで人気なのは?

カナダドルがFXで人気となっているのは、
次のような理由からです。

 

■経常・貿易収支が黒字基調であること
■低い失業率
■資源国通貨の側面を持つこと

 

【スポンサーリンク】

カナダドルに影響を与える指標等は?

カナダドルの為替レートに影響を与える代表的な指標としては、
次のようなものがあげられます。

 

■完全失業率
■住宅着工件数
■新築住宅価格指数...など

カナダが資源国と言われるのは?

カナダは、
原油や金などの豊富な資源に恵まれています。

 

このため、
カナダドルは資源国通貨として、
比較的商品相場の影響を受けやすい傾向にあります。

カナダの治安は?

カナダは治安がよいということもあって、
カナダドルも比較的安定しています。

 

ただし、
地理的に米国との結びつきが強いことから、
米景気の動向に左右される一面もあります。

カナダの中央銀行は?

カナダの中央銀行は、
Bank of Canada (BOC)です。

 

政策金利名は、翌日物金利です。

 

【スポンサーリンク】