米雇用統計とは?

米国経済で最も注目される指標は?

米ドル/円の取引において、
為替市場の参加者が注目しているのは、
日本の経済指標よりも米国の指標です。

 

そして、
米国経済の状態を判断する材料として、
為替市場で最も注目されている指標が、
月次の雇用統計になります。

雇用統計はいつ発表?

米国の雇用統計は、
労働省が
当月分を翌月最初の金曜日、
ニューヨーク時間の午前8時30分
に発表するものです。

雇用統計の中で為替市場への影響が大きい項目は?

雇用統計というのは、
10数項目で構成されています。

 

その中でも為替市場への影響が大きいのは、
次のようなものです。

 

■失業率
■非農業就業者数

経済指標と為替レートへの影響は?

経済指標や為替に関する要人の発言は、
しばしば相場を動かします。

 

その際に、
経済指標の為替レートへの影響で
注意しなければならないのは、

 

実際の数値よりも
「事前の予想との差」が重視されるということです。

 

つまり、
雇用統計であれば、
非農業就業者数が事前予想よりも増えた場合には、
ドル高の要因になるということです。

 

【スポンサーリンク】