ユーロという通貨の特徴、金融政策は?

ユーロという通貨の特徴は?@

ユーロの流通が実際に開始されたのは、
2002年からですが、

 

現在では、
ユーロ/ドルの取引量は世界で最も多く、

 

米ドルに次いで
第2の基軸通貨となっています。

ユーロという通貨の特徴は?A

それゆえ、投資家が、
米ドルを買うときは、ユーロが売られ、
米ドルを売るときは、ユーロが買われることが多く、

 

ユーロは米ドルと
逆の動きになりやすいといえます。

 

なお、
ユーロは、対米ドルや対円で
上昇を続けているので
下落するリスクはありますが、

 

政策金利は米ドルよりも高いですし、
取引数量も米ドルに次ぐ規模なので

 

情報量も多く、
比較的取引しやすい通貨といえます。

ユーロの金融政策は?

ユーロというのは
複数の国で使用されていますが、

 

その管理は、
欧州中央銀行(ECB=European Central Bank)と
各国の中央銀行から構成される
欧州中央銀行制度が行っています。

 

各国の中央銀行は
紙幣や硬貨の印刷流通を行いますが、

 

欧州中央銀行だけは
金融政策の策定をまかされています。

 

ユーロ圏全体の金利は、
欧州中央銀行で決定された政策金利となりますから、

 

ユーロに投資する場合には、
欧州中央銀行の金融政策などを
ニュースなどで確認しておきたいところです。

 

また、ユーロの加盟国の中でも、
特に経済規模の大きいドイツやフランスの
失業率やGDPといった経済指標もチェックしておきましょう。

 

【スポンサーリンク】