英ポンド(イギリスポンド)の為替変動は?/イギリスの金融政策は?

英ポンド(イギリスポンド)の特徴は?@

イギリスは、
欧州連合(EU)には加盟していますが、
欧州単一通貨であるユーロには参加していません。

 

なので、イギリスの通貨は、
独自の英ポンド(イギリスポンド)になります。

英ポンド(イギリスポンド)の特徴は?A

ちなみに、
現在は、米ドルが基軸通貨ですが、

 

第二次世界大戦までは
英ポンドが基軸通貨でした。

イギリスの金融政策は?

イギリスは、
ユーロを導入していませんので、

 

ユーロ圏各国の経済状況に
気を配る必要はありません。

 

なので、
中央銀行にあたるイングランド銀行(BOE)が、
イギリス国内の事情のみで
金融政策を実施しています。

 

ちなみに、
BOEは2006年からは、
インフレ懸念から政策金利を徐々に引き上げ、
2008年には5.00%と高い水準となりました。

 

これにより、FXでも
英ポンドが人気の高い通貨になっています。

 

【スポンサーリンク】

英ポンドの為替変動は?

英ポンドは、
値動きの激しい通貨でもあるので、

 

スワップポイント狙いの
中長期の投資だけでなく、

 

為替変動からの収益を目的とした
短期投資にも向いています。

 

ただし、値動きが激しいということは、
それだけリスクもあるということですので、

 

取引を行う際には、
過度に高いレバレッジを効かせるのは危険です。

英ポンド相場の変動要因は?

英ポンドに影響を与える為替相場の変動要因としては、
経済指標や要人発言などがあります。

 

また、イギリスは
北海油田を所有する
世界第9位の原油輸出国でもありますので、

 

英ポンドは、
原油価格の変動の影響も受けます。

 

英ポンドは、
資源国通貨であるということも頭に置いておきたいところです。

 

【スポンサーリンク】