豪ドル(オーストラリアドル)のトレンドは?/豪ドル相場に影響を与えるのは?

豪ドル(オーストラリアドル)の特徴は?@

豪ドル(オーストラリアドル)は、オージーとも呼ばれますが、
政策金利が高く、

 

ニュージーランドドルや英ポンドと同様に
代表的な高金利通貨です。

豪ドル(オーストラリアドル)の特徴は?A

また、オーストラリアは、
石炭や鉄鉱石などの
世界最大の産出国であることから、

 

インフレや原油高に強く
資源国通貨とも呼ばれています。

豪ドルのトレンドは?

豪ドル/円は、
1999年から下落トレンドに入り、

 

2000年11月には
対円で、1豪ドル=55円台まで下落しました。

 

その後、
健全な経済状態や景気回復を背景に反発し、

 

経済成長と金利差に着目した豪ドル買いも増え、
長期的な上昇トレンドに入りました。

 

こうしたことを理由に、
FXでもスワップ狙いの個人投資家からの
人気が高い通貨となっていました。

 

しかしながら、
2007年後半以降は、
サブプライム問題により再び急落し
下落トレンド入りしています。

 

ちなみに、
米ドルやユーロと比較すると、
市場規模が小さく通貨の取引量が少ないので、

 

相場が一時的に大きく変動するリスクもありますので
注意が必要です。

 

【スポンサーリンク】

豪ドル相場に影響を与えるのは?

オーストラリアは、
鉱物資源に恵まれています。

 

石炭や鉄鉱石だけでなく、
ボーキサイトや金などの輸出額が
全体の40%程度を占めています。

 

なので、豪ドル相場は、
これら天然資源の輸出状況や
原油、貴金属などの商品相場の影響を受けます。

 

また、相場の動向を探るためには、
オーストラリアの金融政策を
チェックすることも大切になりますので、

 

常にニュースなどで
確認するようにしたいところです。

 

なお、
オーストラリアの政策金利というのは、

 

オーストラリアの中央銀行であるRBAが
毎月第1火曜日に
金融政策会議で決定しています。

豪ドル(AUD)とは?

豪ドル(AUD)というのは、
オーストラリアの通貨単位ですが、

 

為替情報では
「豪ドル」とか「AUD」
と表示されることが多いです。

 

また、豪ドルは、
高金利通貨の代表格であるとともに、

 

オーストラリアは、
鉱産物等の豊富な天然資源の輸出が盛んなため、
資源国通貨の1つでもあります。

 

そのため、
原油や金などの商品市況が好調な場合には、
豪ドルも連動して上昇する傾向があります。

 

【スポンサーリンク】