有事のスイスフラン買いとは?/EU諸国との関係は?

スイスフランの特徴は?@

スイスフランは、
永世中立国であるスイス連邦の通貨です。

 

スイスフランの特徴としては、
テロや戦争などの有事に強い
ということがあげられます。

スイスフランの特徴は?A

つまり、スイスは
独立と領土の安全を守る永世中立国
という立場を明確にしているので、

 

他国でテロや戦争が起きたとしても、
戦争に巻き込まれる危険性が小さいと考えられ、
資金の逃避先として注目されているということです。

有事のスイスフラン買いとは?

以前は、
「有事のドル買い」
といわれていたのですが、

 

2001年のアメリカ同時多発テロでは、
アメリカ自身がテロの標的とされてしまいました。

 

こうした背景もあり、
2003年のイラク戦争や
2006年の北朝鮮によるミサイル発射などでは、

 

有事の際の非難通貨として、
スイスフランの特性が顕著となり、今では
「有事のスイス買い」
とまで言われるようになっています。

 

【スポンサーリンク】

スイス国立銀行(SNB)とは?

スイス国立銀行(SNB)というのは、
スイスの中央銀行のことです。

 

政策金利は、
3か月物ロンドン銀行間貸し出しレートで、

 

月に1度、
ターゲット・レンジを見直しています。

スイスとEU諸国との関係は?

スイスは永世中立国なので、
EUには加盟していないのですが、

 

総輸出の6割、総輸入の8割が
対EU諸国となっています。

 

つまり、
貿易額のかなりの部分が
対EU諸国との取引によるものなので、
ユーロ経済の影響を受けやすいといえます。

 

よって、経済的には、
EU諸国と密接に結びついていますので、

 

スイスフランの値動きも、
ユーロの値動きと連動する傾向にあります。

スイスフランの金利は?

スイスフランの金利は、
他の通貨と比べて低水準にありますので、

 

豪ドルやNZドルなどの高金利通貨のように
スワップポイントを狙って購入する投資家は少ないようです。

 

また、有事が発生した時に、
スイスフラン相場は上昇しますが、

 

時間が経過していくとともに、
国際情勢も落ち着き、
発生したリスクも軽減していくと、

 

投資家が資金を回収することから
相場が下落するという動きになります。

 

よって、スイスフランは、
どちらかといえば、
短期的な投資の対象になりやすいといえるかもしれません。

 

【スポンサーリンク】