金(ゴールド)といったら南アフリカ?

金(ゴールド)といったら南アフリカ?@

FXをやっていると、
金(ゴールド)と聞けば
南アフリカを連想する人も多いのかもしれません。

 

しかしながら、
かつて南アフリカは世界一の金生産国でしたが、
2007年には中国に抜かれています。

金(ゴールド)といったら南アフリカ?A

ちなみに、
2007年産金量順位は、
次のようになっています。

 

■1位 中国・・・281トン 
■2位 南アフリカ・・・270トン
■3位 オーストラリア・・・246トン
■4位 アメリカ・・・240トン
■5位 ペルー・・・170トン
■6位 ロシア・・・169トン
■7位 インドネシア・・・147トン
■8位 カナダ・・・101トン
■9位 ウズベキスタン・・・75トン
■10位 ガーナ・・・75トン

 

一般的には、
南アフリカ・ランド相場と金(ゴールド)は
連動していると言われていますが、

 

実は、
短期的には、連動している部分がありますが、
基本的には、連動していないと考えてよいといえます。

 

というのは、2001年の年初、
金が底値の時期に南アフリカ・ランドは高くなり、
産金コスト割れ状態が続いて、
南アフリカの金鉱山は最も厳しい状況でした。

 

その当時の解説では、
金(ゴールド)が上昇したから、
南アフリカ・ランドも上昇している
などと書かれていましたが、

 

実際には、
金(ゴールド)の上昇の前に、
南アフリカ・ランドが暴騰し、

 

南アフリカの金鉱山はコスト割れで
大変なことになっていたのです。

 

つまり、
きちんと確認や検証をしてみると、
巷で言われている解説とは違う部分もあったりするのです。

 

南アフリカ・ランドのようなマイナーな通貨の場合には、
情報が少なかったり、
間違った情報が当然のように解説されていたりしますので、

 

こうした通貨には
積極的に投資するのは避けた方が無難です。

 

【スポンサーリンク】

金(ゴールド)と金鉱山株の関係は?

金(ゴールド)が
商品とお金の両方の側面を持っているのに対して、

 

金鉱山株というのは
金(ゴールド)と株の両方の性質を持っています。

 

そして、
金鉱山会社の株価に影響を与えるものとして、
原油価格があります。

 

近年、
世界的に金鉱山の金品位は下落傾向にありますが、

 

掘りやすいところは掘ってしまって、
深度が深い鉱脈を掘っている金鉱山が多いようです。

 

特に、南アフリカは、
数千メートルの深度で、地熱と戦いながら、
停電リスク※や落盤リスクの中で採掘をしています。

 

金を採掘して精錬するには、
大量の原油を使います。

 

なので、原油価格が上昇すると、
金鉱山会社は収益が落ちるので、
株価は下落する方へ作用するのです。

 

よって、原油が上昇すると、
金価格は連動して上昇しやすいですが、
金鉱山株は金(ゴールド)ほどは、
上昇しづらいということになるのです。

 

※クーラーが止まると地熱でやられてしまいます。

 

【スポンサーリンク】