企業物価指数・景気ウォッチャー調査とは?

企業物価指数とは?

企業物価指数(CGPI)というのは、
企業間取引における商品の価格変動を指数化したもので、

 

毎月、日本銀行が発表しています。

 

なお、かつては「卸売物価指数」と呼ばれていましたが、
2002年に改称されました。

企業物価指数は、どのように利用されますか?

商品価格には、
需給動向が反映されるので、

 

景気動向や金融政策の判断材料や
商品の値段を決めるのに活用されています。

企業物価指数の構成は?

企業物価指数は、
次の3つから構成されますが、
いずれも2005年が基準年となっています。

 

■国内企業物価指数
■輸出物価指数
■輸入物価指数

景気ウォッチャー調査とはどのような調査ですか?

景気ウォッチャー調査というのは、

 

内閣府が毎月実施している
景気調査のことをいいます。

 

スポンサーリンク

景気ウォッチャー調査の対象は?

景気ウォッチャー調査は、
次のような
景気を敏感に感じるような職種に就いている人々
およそ2千人が対象となります。

 

■小売店の店主
■タクシードライバー
■コンビニの店長
■ホテルの従業員...など

景気ウォッチャー調査の判断方法は?

景気ウォッチャー調査の数値が
50以上の場合は、
景気が良くなっていると判断されます。

景気ウォッチャー調査のメリットは?

景気ウォッチャー調査には、
次のようなメリットがあります。

 

■一般的な経済指標は、調査から発表まで
 1〜3か月程度かかりますが、
 景気ウォッチャー調査は、約1週間と非常に短いこと。

 

■現場の声を直接知ることができること。

 

スポンサーリンク