信託保全、分離保管の義務付けとは?

信託保全とはどのようなものですか?@

信託保全というのは、
FX業者等の金融商品取引業者が、

 

顧客から預かった証拠金等の資産を
自社の資産と分離し、

 

さらにその資産を信頼できる第三者(信託銀行等)に預けて
管理することをいいます。

信託保全とはどのようなものですか?A

金融商品取引法では、
金融商品取引業者に

 

分離保管までは義務付けていますが、
信託保全までは義務付けていません。

 

しかしながら、
分離保管だけですと、

 

業者の経営が急激に悪化した場合などは、
必ずしも徹底できていないケースもあるようです。

 

なので、
一概に断定はできませんが、

 

取引を行う際には、
できれば信託保全まで行っているFX業者を
選択するのがよいと思われます。

分離保管とはどのようなものですか?

分離保管というのは、
FX業者等の金融商品取引業者が、

 

顧客から預かった証拠金やスワップポイント等の資産と
自社の資産を分離して保管することをいいます。

 

分離保管を行うことによって、
FX業者が万が一破綻したとしても、
顧客の資産が守られます。

分離保管の義務付けについて

分離保管は、
金融商品取引法で
すべての金融商品取引業者に義務付けられています。

 

また、
分離保管した顧客の資産を

 

信頼できる第三者(信託銀行等)に預けて管理することを
信託保全といいます。

 

スポンサーリンク