バックテスト、フォワードテスト/銀行のディーラーのポジション

バックテストとはどのようなものですか?@

バックテストというのは、
売買ルールの有効性を見極めるために実施する
シミュレーションテストのことをいいます。

 

具体的には、
システムとレーダーが考案した売買ルールに則って
取引を行った場合に、

 

一定期間内でどの程度の利益が得られるのかを、
過去の値段データを用いて、
次のようなシミュレーションの上、検討します。

バックテストとはどのようなものですか?A

■期間損益
■トレード回数
■勝率
■平均損益
■最大ドローダウン...など

 

なお、バックテストには、一般に、
マイクロソフト社の表計算ソフトExcel(エクセル)
を用いるケースが多いですが、

 

最近は
専用ソフトも出ているようです。

フォワードテストとは?

フォワードテストというのは、
バックテストでシステムの有効性を検証した後、

 

パラメータ等の調整を行った上で行う
検証テストのことをいいます。

 

なお、
このフォワードテストには、
過去データは使うものの、
今後に向けてのテストという意味合いが強いです。

 

ちなみに、
「フォワード(forward)」には、
「前方への」とか「前向きの」などの意味があります。

 

スポンサーリンク

銀行のディーラーのポジションが似たようなものになる理由は?

銀行のディーラーは、
基本的には常識的な考えに基づいて
為替取引に参加しているケースが多いです。

 

というのは、
もともとが銀行員ですから、
あまりはみ出した考え方で取引する人が少ないのです。

 

よって、
多くの銀行ディーラーは、
みな同じようなポジションを保有している
という現象が頻繁に生じるようになります。

流れに追随するポジションになる理由は?

銀行のディーラーは、上記のこととともに、
流れに追随して動くというパターンもしばしば見られます。

 

これは、
銀行に世界中からの為替情報が集まってくるからです。

 

例えば、
どのヘッジファンドが買いに動いている
ということまでわかってしまうので、

 

多くの銀行ディーラーは、
ヘッジファンドが買うときには買う、

 

あるいは、
ヘッジファンドが売るときには売る
という投資行動を取ることが多くなるのです。

 

このように、
銀行ディーラーの場合は、
ポジションに偏りが生じやすいといえます。

 

スポンサーリンク