ロスカットは強制決済/信託銀行の収益構造

ロスカットとはどのようなものですか?

ロスカットというのは、
FX業者が、顧客の損失を

 

ある程度のところで食い止めるために行う、
ポジションの強制決済のことをいいます。

ロスカットまでの流れは?

顧客がポジションを持った後、
損失が膨らみ預け入れた証拠金が
一定基準を割り込んだ場合、

 

まずFX業者は、
顧客にマージンコールを発動します。

 

その場合には、顧客は、
ポジション維持のために追加証拠金を差し入れるか、

 

ポジションをある程度決済して、
損失額が証拠金に占める割合を少なくする必要があります。

 

そして、
マージンコールが発動されても放置し、

 

さらに損失が膨らんで
証拠金の残額がFX業者のロスカット基準を下回れば、
その時点でロスカットが実行されます。

ロスカットの基準はどのくらいですか?

一般にFX業者で多いのは、証拠金維持率※が
20%を下回った場合に
ロスカットを実行するというものです。

 

ただし、
マージンコールやロスカットの基準というのは、
FX業者によっても異なりますので、

 

事前に
ルールを確認することが必須です。

 

※当初預け入れた証拠金額に対する残額の割合です。

 

スポンサーリンク

信託銀行の収益構造

銀行というと、
日本では都市銀行や地方銀行のなどの普通銀行に加えて、
信託銀行という業態があります。

 

この信託銀行は、
普通銀行とは少々異なります。

 

普通銀行の基本的な収益構造というのは、
預金を預かり、

 

それを国内で貸し出しに回し、
その利ザヤで儲けるというものです。

 

しかしながら、
信託銀行というのは、
年金のお金などを預かって運用しています。

 

そして、
生命保険会社と同様に、
こうした資金の一部は外貨で運用されています。

 

そのため、
外債に投資する場合であれば、
購入した債券の金額分だけ、
円売りが発生することになります。

 

なお、
信託銀行には普通銀行部門もあって、
その部門では為替取引の発生しない金融取引も行われています。

 

よって、
若干わかりにくいですが、

 

信託銀行は
機関投資家に近い為替取引を行うこともあるということは
頭に入れておくとよいと思います。

 

スポンサーリンク