中国人民元と政府系ファンド/人民元の切り上げ問題と円高との関係は?

中国人民元はどのような通貨ですか?@

中国の経済成長は目覚しく、
新興国の中でも非常に注目を集めています。

 

また、
中国は日本にとっても最大の輸入相手国であり、
他国への影響も年々大きくなっているといえます。

中国人民元はどのような通貨ですか?A

さらに、
2005年7月に実施された、
およそ2%幅の切り上げが話題となりましたが、

 

最近、
中国の外貨準備高は
日本を抜いて世界一となっています。

 

その豊富な外貨準備を有効活用するために、
政府系ファンドも設立され、
今後の動向が注目されているところです。

人民元の切り上げ問題と円高との関係は?

基本的に中国人民元の切り上げ問題は、
円高/ドル安材料とみられています。

 

これを機に
中国のドル離れの路線が顕著になったことは、

 

今後の為替相場にも
潜在的な影響を及ぼしていくものと思われます。

政府系ファンドとは?

政府系ファンドというのは、
政府が、
国家資産運用の目的で設立した
ファンドのことをいいます。

 

国家を後ろ盾にした巨額な資金を抱えることから、
市場の注目度も高くなっています。

 

スポンサーリンク

中国人民元の上昇要因にはどのようなものがありますか?

中国人民元の上昇要因としては、
次のようなものがあります。

 

■G7諸国による人民元切り上げ圧力
■再切り上げ観測
■貿易黒字の増加
■景気動向を示す数値の上昇
■GDPの上昇
■人民元の変動相場制への完全移行
■GDP等の主要経済指標の改善...など

中国人民元の下落要因にはどのようなものがありますか?

中国人民元の下落要因としては、
次のようなものがあります。

 

■米中経済摩擦の激化
■民族、地域紛争、原油相場等の高騰
■社会経済体制の崩壊や内乱
・大規模デモなどです。

 

■中国バブルの崩壊
■GDP等の主要経済指標の悪化...など

中国人民元の特徴は?

中国人民元には、
次のような特徴があります。

 

■中国人民元の動向は、
 アジア通貨に影響を与えることが多いです。

 

■人民元利上げの際に、
 通貨バスケット方式を採用したため、
 中国のドル離れの可能性が指摘されています。

 

スポンサーリンク