投資顧問会社(アセットマネジメント)の為替取引・売買プロセスは?

投資顧問会社はどのような取引を行っているのですか?@

投資顧問会社のことを
英語でアセットマネジメントといいますが、

 

この投資顧問会社も
外国為替市場に参加しています。

投資顧問会社はどのような取引を行っているのですか?A

日本でも
「○○投資顧問」とか「△△アセットマネジメント」
という会社名がありますが、

 

これらは、
投資顧問業の許可を取得して、
他人のお金を運用し、
一定の手数料を徴収しています。

 

また、
預かったお金は、
信託銀行に信託財産という形で預けていて、
運用は投資顧問会社が失効します。

投資顧問会社の売買プロセスは?

まず、投資顧問会社が
銀行に電話をし、

 

何を売って何を買うのかの
指示を出すのですが、

 

実際に投資家の運用資金を預かっているのは
信託銀行なので、

 

為替取引については、
その信託銀行と為替取引を
市場につなぐ銀行との間で成立します。

 

スポンサーリンク

投資顧問会社の運用しているものは?

投資顧問会社も年金資金をはじめとし、
公的な資金や企業の余裕資金などを運用しています。

 

また、
為替市場における投資顧問会社の
行動パターンは、
生命保険会社とほぼ同じといえます。

 

なお、
投資顧問会社は
日本でも徐々に規模を拡大してきていて、

 

生命保険会社などは、
系列関係にある投資顧問会社の方が、
運用残高が上回っているというケースも多いようです。

投資信託とは?

投資信託というのは、
投資信託協会のWEBサイトによれば、
次のように定義されています。

 

⇒ 「投資家から集めた資金を一つにまとめ、大きな資金として
  運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品で、
  その運用成果(マイナスのこともある)が投資家それぞれの投資額
  に応じて分配される仕組み」

 

要するに、
投資信託とは、多くの人が
誰かにまとめて運用を任せる商品のことです。

投資信託業務を営むには?

投資信託業務を営むためには、
投資顧問会社と同様に
金融庁の許可を得る必要があります。

 

ちなみに、
ファンドに集められた資金は、
主として株式や債券で運用されますが、

 

最近は
不動産で運用する
REIT(不動産投資信託)も増加しています。

 

スポンサーリンク