パラボリックはSARが重要/売買戦略・効力を発揮する相場展開は?

パラボリックはどのようなテクニカル分析ですか?@

パラボリックには
「放物線状の」という意味があり、

 

順張り型(トレンドフォロー型)の状態から、
トレンドが反転するポイントを見つけ、
反転した方向についていくというものです。

パラボリックはどのようなテクニカル分析ですか?A

投資のセオリーからすると、
反転したところで
ポジションを決済したくなるところですが、

 

このパラボリックでは、
逆のポジションをとることを繰り返すことで
利ザヤを狙います。

 

すなわち、
買いポジションを決済して、
新たに売りポジションを取るという手法で、

 

常に逆のポジションを
繰り返していく投資スタイルになります。

パラボリックのSARとは?

パラボリックでは、
SAR(ストップ・アンド・リバース)
と呼ばれる売買ポイントが重要になります。

 

このSARは、
以前の高値と安値、当日の高値と安値を、
定められた計算式に入れて算出します。

 

具体的には、
上昇相場であれば、
ある一定期間の高値、

 

下落相場であれば、
ある一定期間の安値を用います。

 

スポンサーリンク

SARによる売買ポイントは?

上昇を仮定して高値で作った
SAR(買いのパラボリック)を結んだ線を
ローソク足に記入していきます。

 

このパラボリックな(放射線状の)線が
ローソク足に接触すると、
ここが反転の合図になりますので、
「売りサイン」となります。

 

反対に、
下落を仮定して安値で作った
SAR(売りのパラボリック)が
ローソク足に接触すると、
ここが反転の合図になりますので、
「買いサイン」となります。

 

パラボリック

パラボリックのデメリットは?

パラボリックは、
保合い相場では、
すぐに反転のサインが出しまうというデメリットがあります。

 

なので、
パラボリックを利用する際の注意点として、
保合い相場には弱いということは頭に入れておきたいところです。

パラボリックが絶大な効力を発揮する相場展開は?

パラボリックが
最大の効果を発揮する場面は、

 

値動きが、
大相場といわれるような
大きな動きを演じる時であるとされています。

 

スポンサーリンク