RSIは逆張り指標/売買ポイントは?

RSIはどのようなテクニカル指標ですか?@

RSIというのは、
「相対力指数」とも呼ばれ、

 

相場の買われ過ぎや売られ過ぎを見る
テクニカル指標とされています。

RSIはどのようなテクニカル指標ですか?A

ちなみに、
このRSIやボリンジャーバンドは
オシレーター系指標と呼ばれていますが、

 

オシレーターとは「振り子」の意味で、
元の位置に戻ろうとする原理を表しています。

RSIの見方は?

RSI

 

RSIというのは、
ある一定期間を対象に

 

前日に比べて
高かったか、あるいは、安かったか
を基本にして、
その値幅も加味して計算されています。

 

なので、この数字が
100%に近くなれば、買われ過ぎていることを示し、
0%に近くなれば、売られ過ぎていることを示します。

 

おおよその目安としては、
70%以上が買われ過ぎ、
30%以下が売られ過ぎと判断すべきとされています。

 

スポンサーリンク

RSIの売買ポイントは?

一般的に相場が上昇すると
RSIの数値も大きくなりますので「売り」、

 

相場が下落すれば
RSIの数値も小さくなりますので「買い」

 

というように、
逆張りを仕掛けるときに利用されます。

 

ただし、
トレンドが長く続く場合には、100%に近い数字で
ずっと張付いているということもありますので注意が必要です。

どのようなポイントで売買を仕掛けるとよいですか?

RSIでは、
上昇トレンドの場合は、
70%から50%に下落したあたりを押し目の逆張りポイント、

 

下降トレンドの場合は、
30%から50%に上昇したあたりを戻り売りの逆張りポイント
として見る場合もあります。

 

また、
RSIが30%以下になっているときで、
相場は下落しているにもかかわらず、
RSIが上昇している場合は、

 

相場の反転が近いことを示していますので、
積極的に逆張りすべきとされています。

 

同じように、
RSI70%以上になっているときで、
相場は上昇しているのにもかかわらず、
RSIは下落している場合も、

 

相場反転のシグナルと見て
逆張りが有効とされています。

 

スポンサーリンク