RSIの見方と注意点

RSIの判断方法は?@

RSIでは、
ある一定期間内における値動きの幅のうち、
「値上げ幅」の分がどれくらい占めているのかを見ます。

 

一般的には、
値上げ幅分の割合が70(80)%以上になると買われ過ぎで、

 

反対に、
30(20)%以下になると売られ過ぎとみなされます。

RSIの判断方法は?A

また、
基本的に50%を基準として、
それよりも大きくなると
買われ過ぎの傾向が強まりつつあると判断されます。

 

なお、計算期間には
14日や30日が使用されるケースが多いです。

RSIを利用する際の注意点は?

RSIは、
計算期間を短くすると、

 

反応が大きくなり、
頻繁に売買サインを出すこともあります。

 

そうなると、その分、
ダマシも多くなりやすいですから
注意が必要です。

 

そこで、
2通りの計算期間のRSIを分析に用いるケースもあります。

RSI(相対力指数)

RSIというのは、
オシレーター系指標の1つで、

 

現時点での売りと買いの
相対的なバランスを示すテクニカル指標です。

 

また、
RSIは、Relative Strength Index の略で、

 

日本語に訳すと
「相対的な強さを示す指標」
という意味になることから、
「相対力指数」
とも呼ばれます。

 

スポンサーリンク