一目均衡表の見方と5つのライン

一目均衡表は、どのような指標ですか?@

一目均衡表は、その名の通り、
一目で相場の動向がわかる指標です。

 

この一目均衡表という分析手法を考案したのは、
一目山人(本名:細田悟一)氏ですが、
長い月日をかけて作られた奥深い理論となっています。

一目均衡表は、どのような指標ですか?A

また、
一目均衡表は、
日本発の分析手法ですが、

 

海外のファンドマネージャにも
人気があるようです。

一目均衡表のライン

一目均衡表

 

一目均衡表では、次の5つのラインを引きます。

 

■転換線
・過去9日間(当日含む)最高値と最安値の平均値

 

■基準線
・過去26日間(当日含む)最高値と最安値の平均値

 

■先行スパン1
・基準線と転換線の平均値を、
 当日から数えて26日先に記入したもの

 

■先行スパン2
・過去52日間における高値と安値の平均値を
 当日から数えて26日先に記入したもの

 

■遅行スパン(遅行線)
・当日の終値と当日から数えて26日前に記入したもの

 

スポンサーリンク

一目均衡表ではどこをチェックしたらよいのですか?

一目均衡表のチェックポイントは、
次のようなところです。

 

<転換線と基準線の位置関係>
■好転
・転換線が基準線を上抜く

 

■逆転
・基準線が転換線を上抜く

 

<実線(ローソク足と雲の位置関係)>
先行スパン1と先行スパン2の間にできる空間のことを
「雲(帯)」と呼びます。

 

■実線が雲の上 → 強気相場
・基本的に強気なので、多少下落しても
 反発する可能性が高いです。

 

■実線が雲の下 → 弱気相場
・基本的に弱気なので、多少上昇しても
 下げ戻す可能性が高いです。

 

つまり、
雲は実線の位置によって上値を抑えたり、
下値を支えたりするクッションの役割を果たしているといえます。

 

<遅行線と実線の位置関係>
■遅行線が実線の上 → 強気
■遅行線が実線の下 → 弱気

 

なお、
三役好転を迎えた場合は、買いのチャンス、
三役逆転を迎えた場合は、売りのチャンスとなります。

 

スポンサーリンク