RSIの逆行現象(ダイバージェンス)

RSIのダイバージェンスとは?@

RSIでは、
逆行現象(ダイバージェンス)といって、

 

為替の値段は下がっているのに
RSIの数値は上昇している、
あるいはその反対の現象が起こることがあります。

RSIのダイバージェンスとは?A

ちなみに、
上記のようなケースの場合は、
RSIが示す方向になるケースが多いとされています。

RSIの計算式は?

RSIの計算式は、次のようなものです。

 

RSI=A÷(A+B)×100

 

■A:一定期間の上げ幅の合計
■B:一定期間の下げ幅の合計

 

なお、
計算期間は、14日や30日がよく使用されます。

オシレーター系指標とは?

オシレーター系指標というのは、
買われすぎや売られすぎといった、
相場の行きすぎを判断するための指標のことです。

 

このオシレーター系指標では、
行き過ぎた相場はやがて元に戻る
というところから売買タイミングを計ります。

 

ちなみに、
「オシレーター」とは「振り子」の意味で、

 

オシレーター系指標は、
振り子のように、
大きく揺れても、
元の位置に戻ってくることに着眼した分析法といえます。

 

スポンサーリンク