MACD(マックディー:移動平均収束拡散法)

MACDとはどのようなテクニカルチャートですか?@

MACD(マックディー)というのは、
「Moving Average Convergence Divergence」
の頭文字を取った略称であり、

 

日本語では
「移動平均収束拡散(発散)法」
と呼ばれているものです。

MACDとはどのようなテクニカルチャートですか?A

MACDは、
2本の指数平滑移動平均線
(短期EMAと長期EMA)
の差を表した線であり、

 

これと、MACDの移動平均線である
MACDシグナルで構成されています。

 

もう少しわかりやすく言いますと、
MACDとシグナルが近づいたり離れたりする動きを、
0軸を中心に数値化したものです。

MACDの分析方法について

MACDというテクニカルチャートは、
上記の2本の線の方向性や乖離、
絡み具合などに着目して、

 

主として
短期的なトレンドの変化を分析します。

 

具体的には、
為替相場が上昇相場であればMACDも上昇し、
下降トレンドであればMACDも下降します。

 

これに対して、
シグナルがどうのような動きをするのかを見ていきます。

 

スポンサーリンク

MACDの主なポイントについて

MACDがシグナルを上抜く地点、
MACDがシグナルを下抜く地点に着目します。

 

なお、
単純にMACDが0軸を上抜く地点、
下抜く地点も目安になります。

どのように判断すればよいのですか?

MACDには
次のような判断ポイントがあります。

 

■MACDとシグナルがクロスするポイント
・MACDがシグナルを下から上抜くと「買いサイン」、
 MACDがシグナルを上から下抜くと「売りサイン」
 と判断します。

 

・特に、前者は0軸から上のプラス圏、
 後者は0軸から下のマイナス圏でクロスする地点は、
 さらに信頼性が高まります。

 

■0軸とMACDがクロスするポイント
・MACDが0軸を下から上抜くと「買いサイン」、
 上から下抜く場合は「売りサイン」と判断します。

 

なお、MACDは、
サインの出るタイミングが多少遅れるという弱点があり、
その結果としてダマシが生じることもありますので注意が必要です。

 

スポンサーリンク