チャートの基本パターンとトレンドの判断基準

チャートのパターンとは?@

基本的に値動きというのは、
一方的に上昇したり、
あるいは下落したりすることはありません。

 

つまり、
上がったり、下がったりを繰り返しながら、
徐々に上昇や下落をしていきます。

チャートのパターンとは?A

よって、
チャートに現れるパターンというのも基本は同じであり、

 

すべてはこの基本パターンの組み合わせによって
説明することが可能になります。

トレンドの判断基準について

それぞれのトレンドの判断基準は、
次のようなものです。

 

■上昇トレンド
・過去の高値をどんどん更新していく。
・過去の安値を更新しない。

 

■下降トレンド
・過去の安値をどんどん更新していく。
・過去の高値を更新しない。

 

■横ばいトレンド
・一定の値幅の中で値動きを繰り返す。

 

スポンサーリンク

チャート分析は外れることも…

チャート分析というのは、
そもそも過去の値動きをチャートにして、

 

そのパターンから将来の値動きを予測するわけですから、
100%当てるというのは不可能なことです。

 

なので、
チャートで将来の値動きを分析する場合には、
それを理解したうえで活用することが大切です。

移動平均化するとは?

移動平均化するというのは、
基点とする日から

 

一定期間過去にさかのぼった期間の
値段の平均値を出すことをいいます。

 

スポンサーリンク