コツコツ買って利益を出す戦略

「買い」と「売り」を繰り返す@

「買い」を選択するのは上昇トレンドのときです。

 

上昇トレンドは、上下動を繰り返しながら
ゆっくりジワジワ上がっていきますので、

 

その値動きを利用して、下がったら「買い」、
上がったら「売る」を繰り返すのです。

「買い」と「売り」を繰り返すA

また、
上昇トレンドの際のトレンドラインは
基本的にはサポートラインですが、

 

このように
こまめに買いと売りを繰り返す場合には、

 

レジスタンスラインも引くと、
よりタイミングがつかみやすくなります。

 

つまり、
サポートラインに近づいたら「買い」、
レジスタンスラインに近づいたら「売り」
で利益確定をするのです。

具体的な「買い」と「売り」のポイントは?

とはいえ、
最も安いところで買って、
最も高いところで売るというのは、
簡単にできませんし、

 

たとえ
サポートラインやレジスタンスラインがあったとしても、

 

どこまで下がるのかや、
どこまで上がるのかということが
確実にわかるわけではありません。

 

なので、
できるだけ利益を大きくするためには、

 

サポートラインに近づいた後、
再び上昇を始めたところで買い、

 

レジスタンスラインに近づいて、
下降に転じたところで売るようにします。

反落・反発とは?

反落というのは、上昇した相場が、
その反動として下落に転じることをいいます。

 

反対に、
反発というのは、底値まで下落した後に、
上昇に転じることをいいます。

 

スポンサーリンク