為替は通貨同士の交換/外国為替取引が必要になる場面とは?

為替は通貨同士の交換@

「為替」という用語は、
江戸時代から用いられていたといわれていますが、

 

もともとの意味は
「モノとお金を交換する」
というものです。

為替は通貨同士の交換A

それが変化して、
実際に現金と商品を交換するのではなく、
「それぞれの帳簿上に記載するだけで決済する」
という意味で、用いられるようになったようです。

 

なので、
「外国為替」
といった場合には、
USドルと日本円などの異なる通貨同士の交換、
ということになります。

 

通貨同士を交換する場合、
実際に現金を持って行って、
その場で交換する「両替」もありますが、

 

ほとんどの場合は、
金融機関同士が連絡を取り合って、
お互いの帳簿上で行うことになっています。

 

これが、
「外貨交換」ではなく「外国為替」
といわれる理由です。

外国為替市場とは?

外国為替市場というのは、
電話や電子機器、インターネットなどで
市場参加者をつなぎ、

 

外国為替(通貨の売買)を行う市場のことをいい、
「為替市場」
とも呼びます。

 

スポンサーリンク

外国為替取引が必要になる場面とは?

異なる通貨同士を交換する場合で
まず考えられるのが、貿易のときです。

 

例えば、
日本の企業が米国に製品を輸出して
代金を得る場合を考えてみます。

 

この場合、
米国に輸出して販売するわけですから、

 

支払いは当然、
米国の通貨であるUSドルで支払われます。

 

しかしながら、輸出した日本の企業は、
USドルで支払われた代金を、
日本円に換える必要があります。

 

これは、USドルのままでは、
日本国内で様々な支払いをしたり、
従業員に給料を支払ったりできないからです。

 

また、日本人が
海外の株式や国債などに投資をしたときにも、

 

投資の元本や得られた収益を回収するのは
USドルの形であっても、

 

それを再び海外で投資する場合を除いて、
将来的には、
日本円に交換する必要があります。

 

このように、
国際間の取引や投資などが行われる際には、

 

必ずといっていいほど
通貨の交換(外国為替取引)が必要になります。

 

スポンサーリンク