通貨ペアの表示方法

米ドルを基準に表示する@

一般的に、為替レートは
「1米ドル=○○円」
などと表示されますが、

 

外国為替というのは
通貨と通貨の交換のことですから、

 

もう一方の通貨を基準に表示して、例えば
「1円=○○米ドル」
と表示することも可能です。

米ドルを基準に表示するA

しかしながら、後者のような
円を基準にした表現はまれであり、
ほとんどの場合は米ドルが基準とされます。

 

これは、
日本から見た場合のみならず、

 

アメリカで表示する場合や、
その他の国で表示されるときも同様で、

 

多くの通貨では、
米ドルを基準として左側に置き、

 

もう一方の通貨を
右側に置く形で表示されます。

 

つまり、
最も強い通貨と言われる米ドルを、
物差しとして用いているわけです。

 

ただし、
これには例外もあります。

 

例えば、ユーロは、ユーロを基準にして
「1ユーロ=○○ドル」
と表示します。

 

また、
英国ポンドやオーストラリア(豪)ドル、
ニュージーランド(NZ)ドルも
同様に表示するのが通例です。

 

ちなみに、
日本円はほとんどの場合、右側に置かれ
「外貨=○○円」
という表示方法になります。

 

スポンサーリンク

通貨ペアとは?

通貨ペアというのは、
売買における
2種類の通貨の組み合わせのことをいいます。

通貨ペアの表示について

外国為替レートは、
ある通貨の絶対的な価値ではなく、

 

ある通貨を
別の通貨で換算したレートです。

 

なので、
ある通貨が単独で表示されることはありません。

 

すなわち、
別の通貨との組み合わせによって表示されます。

 

これを通貨ペアといい、
具体的には、
米ドル/円、ユーロ/米ドル、
ポンド/円などとなります。

 

スポンサーリンク