外国為替取引は相対取引の市場/三大市場(東京・ロンドン・ニューヨーク)

インターバンク市場と為替ブローカー@

株式市場のように
取引所が管理する市場とは少々異なり、

 

外国為替取引というのは、
世界の銀行同士が互いを取引相手として、
プロ同士で行われる相対取引の市場です。

インターバンク市場と為替ブローカーA

また、
銀行同士で相手を見つけて取引することから、
これを「インターバンク市場」ともいます。

 

なお、
取引相手を迅速に見つけて
スムーズに取引するために、

 

取引を仲介してくれる業者がいるのですが、
これを「為替ブローカー」といいます。

 

テレビのニュースなどで、
外国為替市場として、

 

何人かの人がテーブルを囲んで取引している光景を
見かけたことがあるかと思いますが、
あれが為替ブローカーです。

 

といっても、
これは取引所ではありません。

 

また、現在では、
テーブルを囲んで人が行うブローカーは少数であり、

 

一般的にはそのほとんどが
コンピュータを通じて行われています。

 

スポンサーリンク

カバー取引とは?

カバー取引というのは、
FX会社が、
カバー先の金融機関において、

 

投資家の売買注文とは
反対の売買を行う取引のことをいいます。

 

このカバー取引は、
為替市場のリスクを相殺する働きがあることから行われます。

最も取引が活発なところは?

外国為替市場はというのは、
世界中にあるといってもいいのですが、
それでも取引はニーズが多いところに集中します。

 

なかでも、日本の東京、
イギリスのロンドン、アメリカのニューヨークは、
最も取引が集まりやすいです。

 

そして、
この3都市が中心的な為替市場ということになり、
自然に「東京市場」「ロンドン市場」「ニューヨーク市場」
と呼ばれるようになりました。

 

また、取引量に関しては
この3都市ほどではありませんが、

 

外国為替市場はこれ以外にも、
シドニー市場や香港、ドバイなどにあります。

外国為替は24時間休まず取引される

上記のそれぞれの市場は、
各金融機関で為替取引をするディーラー(担当者)たちが、
朝、出勤して取引を開始し、
夕方、取引を終えるまで稼動します。

 

そして、
一つの市場が終わると、
次の市場へと取引が移っていきます。

 

具体的には、
東京からロンドン、ニューヨークへと
取引が受け継がれて行くので、

 

外国為替は24時間、
休まず取引されることになります。

 

スポンサーリンク