変動相場制と金本位制度の関係

変動相場制とはどのようなものですか?@

外国為替市場では、
直接取引に参加する銀行を介して、

 

世界中から売買注文が出され、
それにより異なる通貨同士の交換レートが決定されています。

変動相場制とはどのようなものですか?A

つまり、
為替レートというのは、
通貨の需要と供給を反映した、
完全な自由競争により決定されているということです。

 

通貨の需給関係は、
その時々の状況に応じて変化しますので、
それに従い為替レートは変動することになります。

 

これが
「変動相場制」というシステムで、

 

現在では多くの国の通貨が
この制度を採用しています。

変動相場制と金本位制度について

変動相場制というのは、
昔からあったものではありません。

 

というのは、
もともと世界の為替市場は、
金(ゴールド)を媒介とした金本位制度
というシステムが続いていたからです。

 

しかしながら、
第2次世界大戦後に、
米ドルだけが金を交換でき、

 

その他の通貨は
固定した為替レートで米ドルと交換できるという、

 

米ドルを基本(基軸通貨)とした
ドル本位制に変わりました。

 

その後、
アメリカ経済の不振から、
ドル本位制は崩壊し、

 

1970年代からは、
日本円やドイツの旧マルクをはじめ、
多くの通貨が変動相場制に移行し現在に至っています。

 

スポンサーリンク