ドル・ペッグ制・通貨バスケット

ドル・ペッグ制とはどのようなものですか?@

前述のような変動相場制は、
すべての国が採用しているわけではなく、

 

経済を安定させるために、
為替レートを米ドルなどに対して
固定している国もあります。

ドル・ペッグ制とはどのようなものですか?A

こうした制度をドル・ペッグ制※といい、
香港ドルなどがこのシステムを採用しています。

 

ちなみに、かつては、
東南アジア各国がドル・ペッグ制を採用していました。

 

※ペッグとは固定させるという意味です。

人民元はどうなっているのですか?

中国の通貨である人民元も、
事実上のドル・ペッグ制を採用していますが、

 

2005年7月からは、
徐々にではありますが、
米ドルに対する変動幅を広げる政策に変えてきています。

 

スポンサーリンク

通貨バスケットとは?

通貨バスケットというのは、
固定する対象が米ドルではなく、

 

米ドルにユーロなど
いくつかの通貨を加えて算出したものをいいます。

金融仲介会社とは?

金融仲介会社というのは、
主として金融機関同士の売る側と買う側の間を
取り持つ企業、個人を指します。

 

なお、
仲介した同士が契約すれば、
金融仲介業者は仲介手数料を受け取ります。

ドル/円の価値

例えば、円に対する米ドルの価値が
上がった(ドル/円が上昇して円安になった)からといっても、

 

必ずしも
米国の経済がよくなったとはいえません。

 

これは、日本の経済が悪くて、
それを反映して円が安くなっているかもしれないからです。

 

ドル/円という通貨ペアは、
米国が日本の投資家のために発行した株式ではありませんから、

 

米国経済が成長したからといって
価値が大きくなっていくわけではないのです。

 

スポンサーリンク