円高と円安の仕組み/為替取引で利益を得るには?

円高・円安とはどう判断するのですか?@

例えば、1ドル=110円から1ドル=100円
になった場合を考えてみましょう。

 

この場合は、円高になったのでしょうか、
それとも円安になったのでしょうか?

円高・円安とはどう判断するのですか?A

110円から100円に数字が少なくなったので、
円安と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
この場合は「円高」です。

 

それでは、
もう少し具体的に考えてみます。

 

今、
1ドルのハンバーガーを買うとします。

 

為替レートが1ドル=110円のときに
ハンバーガーを買うためには、110円を支払うことになります。

 

しかしながら、
1ドル=100円のときに
同じ1ドルのハンバーガーを買おうとすると、
10円安い100円で買えることになります。

 

つまり、この10円安く買える分だけ、
1ドル当たりの円の価値が高まったことになり、
これを「円高」というのです。

 

これとは反対に、
為替レートが1ドル=120円になったときには、
110円で買えていたハンバーガーが、
10円高い120円支払わないと買えないことになります。

 

これは、
1ドル当たりの円の価値が
安くなったことになりますので、
これを「円安」というのです。

 

スポンサーリンク

為替取引で利益を得るにはどうしたらよいのですか?

簡単に言いますと、
為替取引で利益を得るには、

 

例えばドルを買って、
円安時に売ると利益になります。

 

では、円安を利用して
1万ドルを買った場合について考えてみます。

 

あなたは、
1ドル=100円のときに1万ドルを買いました。

 

このとき、
100万円を支払います。

 

しばらくして、
ドルの為替レートが円安に動き、
1ドル=110円になりましたので、
持っていた1万ドルを売ることにしました。

 

その結果、
110万円(110円×1万ドル)が戻ってきました。

 

この取引では、
ドルを購入するのに必要な資金は100万円でしたので、
戻ってきた110万円との差額である
10万円が為替取引で得られた利益になります。

 

では、これが反対に
円高になったらどうなるのでしょうか。

 

今度は、
1ドル=110円のときに110万円で1万ドルを買い、
円高になった1ドル=100円のときに1万ドルを売ったとします。

 

この取引では、
戻ってくるのは100万円(100円×1万ドル)
ですから、

 

110万円の購入資金に対して
10万円のマイナスとなってしまいます。

 

以上のように、為替取引では、
円高のときにドルを買い、
円安のときに売ると利益を得ることができるのです。

 

スポンサーリンク