為替レートが動く理由は?

為替レートはなぜ動くのですか?@

為替取引では、
為替レートの変動をうまく利用して外貨を売買することで、
利益を得ることができるのですが、

 

では、なぜ
為替レートは動くのでしょうか?

為替レートはなぜ動くのですか?A

このとき、
為替レートが変動する理由については、

 

通貨の価値はモノの値段と同じである
と考えるとわかりやすいと思います。

 

例えば、人気があり、
欲しい人がたくさんいる商品があるとすると、
その商品の価値は高くなって高い値段がつきます。

 

反対に、
人気もなく、売れ残りそうな商品の場合には、
その商品の価値は低くなり、
値段も下がっていきます。

 

こうしたことが通貨に関してもいえるのです。

 

つまり、
ドルの人気が高くなると、ドルの価値が高くなり、
レートが上がりドル高(円安)になりますが、

 

反対に、
人気が下がると、レートも下がり、
ドル安(円高)になるということです。

通貨の人気が左右される要因にはどのようなものがありますか?

通貨の人気が左右されるものとしては、
次のようなものがあげられますが、

 

為替レートというのは、
これらが複雑に絡み合って変動します。

 

■その国の経済の健全性を示す経済指標
■政治的要因
■市場心理

世界の三大市場とはどこのことですか?

世界の三大市場というのは、
取引量の多い
東京、ロンドン、ニューヨーク
の市場のことをいいます。

 

スポンサーリンク