株取引・FXによる資産運用の違いは?

株取引による資産運用は?@

資産運用としてまず思い浮かぶものとして、
株取引があります。

 

次のような事由によって、
株取引に関心を持ったり、あるいは
実際に取引を行っている個人投資家も急増しています。

株取引による資産運用は?A

■インターネット取引の普及
■手数料の無料化
■売買単位の小口化...など

 

しかしながら、
日本の株式市場が開いている時間帯というのは、
午前9時から午後3時までのおよそ6時間のみです。

 

これでは、
日中働いているサラリーマンなどには、
市場を見守りながら取引するのは厳しいものがあります。

 

このような事情もあって、
最近では、株式投資に専念するために
会社を辞める人もいるようですが、
そういった転身にはかなりのリスクがつきまといます。

FXの取引時間は?

FX(外国為替証拠金取引)
の大きなメリットは、

 

世界の市場が開いている
月曜日の朝から土曜日の朝までの平日24時間、
いつでも取引できることです。

 

スポンサーリンク

FXはサラリーマンに有利?

外国為替市場は、
東京市場が終わる前の
午後5時頃からロンドン市場が開きます。

 

そして、
日本時間の夜10時頃にニューヨーク市場がオープンし、
取引の中心が移行します。

 

このように、
外国為替市場が最も活発になるのは、
日本時間の夕方からとなっていますので、

 

FXなら日中忙しいサラリーマンが自宅に帰った後でも、
マイペースで取引に専念できます。

 

実際、
帰宅後の2〜3時間など時間を限定して、
デイトレードを行っている個人投資家も増えているようです。

 

スポンサーリンク