FXのデイトレードとは?/レバレッジのメリットとリスクは?

FXのデイトレードとはどのような取引のことをいうのですか?

最近、サラリーマンなどの間で、帰宅後に、
FXのデイトレードを行う人が増加しています。

 

このデイトレードというのは、
その日に買った(あるいは売った)ポジションを、

 

ニューヨーク市場が閉じる日本時間の午前7時頃※までに
売って(あるいは買って)決済することをいいます。

 

※サマータイムのときには午前6時頃になります。

デイトレードのメリットは?

FXでデイトレードをする場合、
多くのFX会社では
取引手数料の優遇措置をとっています。

 

また、
スワップポイントがつきませんので、

 

高金利通貨を売る場合にも、
スワップ支払いの心配がありません。

レバレッジとは?

レバレッジというのは、
テコの原理のことをいいます。

 

このテコを使うと、
小さな力で大きな仕事ができることから、

 

レバレッジは
金融取引や金融商品では、
少ない資金で大きな運用効率を上げることを意味しています。

 

スポンサーリンク

FXのレバレッジ取引とは?

FXのメリットの1つに、
レバレッジ取引により、
少ない資金で大きく運用できることがあります。

 

このレバレッジというのは、
証拠金に対する取引可能金額の比率
のことをいっているのですが、

 

もともとは、
レバレッジとはテコの原理のことです。

 

テコを使うと小さな力で大きな仕事ができることから、
金融の世界でレバレッジという場合には、

 

少ない資金で
その何倍もの運用効率を上げることを指します。

FXのレバレッジのメリットとリスクは?

FXのレバレッジを効かせた取引というのは、
為替相場が予想通り動いたときには
大きな利益を得ることができます。

 

しかしながら、その反対に
為替相場が予想とは逆に動いた場合には、
大きな損失を被るリスクがあります。

 

よって、FXでは、
レバレッジのメリットとリスクを
しっかり理解しておくことが大切です。

 

スポンサーリンク