指値注文、逆指値注文とは?

指値注文とはどのような注文方法ですか?

指値注文というのは、
最も基本的な条件注文になります。

 

この指値注文は、例えば、
1ドル=115円になったらドルを買う、
1ドル=120円になったらドルを売る、

 

というように、
自分があらかじめ決めておいたレートになったら
売買を行うという注文方法です。

指値注文を利用する場面とは?

指値注文は、
価格が円高になったら買う、

 

あるいは、円安になったら売る、
という場合に使います。

 

例えば、
1ドル=110円で買ったドルを
115円で売って利益確定を行いたいという場合には、

 

1ドル=115円
の売り指値注文を出しておきます。

 

また同様に、
現在1ドル=115円のドルが
110円に下がった場合には買いたいという場合には、

 

1ドル=110円
の買い指値注文を出しておきます。

 

このように、指値注文は、
自分が狙ったレートでの取引を逃さないように、

 

常に為替レートを監視し、
狙ったレートに達したら、
すぐさま売買を実行してくる便利な機能なのです。

逆指値注文とはどのような注文方法ですか?

逆指値注文というのは、
円安になったら買う、

 

あるいは、円高になったら売る場合に
利用する条件注文になります。

 

スポンサーリンク

逆指値注文を利用する場面とは?

逆指値注文は、
現在保有しているポジションの損失を
一定の範囲内に限定したいときに使う、

 

あるいは、
自分なりのロスカットルールを作りたいときに
利用すると便利です。

 

例えば、
1ドル=110円で買ったドルの損失を
2円の幅までに限定させたいという場合には、
1ドル=108円の逆指値注文を出しておきます。

 

また同様に、
現在1ドル=110円で売りからはじめた取引の
損失を限定するために、

 

1ドル112円で
逆指値注文を出しておくことも可能です。

 

このように、逆指値注文は、
もう少し粘ればドルは上がるだろう(あるいは下がるだろう)
などという希望的観測によって、

 

含み損を拡大させてしまうという事態を
回避することができます。

 

ちなみに、
利益を確定するときは指値注文、
損失を限定させるときは逆指値注文
と覚えておくとよいと思います。

 

スポンサーリンク