IFD注文とは?/今後円安・円高を予想する場合の注文方法は?

IFD注文とはどのような注文方法ですか?@

IFDは、if done の略で、
もし注文が成立したらという意味です。

 

つまり、IFD注文というのは、
新規注文が成立したら、

 

その時点でもう1つの注文を組み合わせて出す
という注文方法のことをいいます。

IFD注文とはどのような注文方法ですか?A

このIFD注文は、
新規注文の際に決済注文を同時に出す
というのがポイントになります。

具体的には?

例えば、為替レートが
1ドル=110円あたりを前後しているときに、

 

109円まで円高になったら買って、
その後114円まで円安になったら売りたい
と考える場合には、

 

109円の買い指値注文と
114円の売り指値注文を
IFD注文として出すことができます。

 

もし、予想通り為替レートが動けば、
最初に注文を出したままで
1ドル当たり5円の為替差益を確保できます。

 

スポンサーリンク

IFD注文が効果的なのは?

為替レートというのは、
予期せぬ経済ニュースや要人発言によって
乱高下することもよくあります。

 

IFD注文は、
そのような状況下において
利益を確保する時に効果を発揮します。

今後円安を予想する場合のIFD注文の方法は?

これから円安を予想する場合には、
まず新規のIFD注文として、
買いの指値注文を出し、

 

予想通り円安になる場合に利益を確定する
売り指値注文と、

 

円高になる場合に損失を限定する
売り逆指値注文を組み合わせます。

今後円高を予想する場合のIFD注文の方法は?

これから円高を予想する場合には、
まず新規のIFD注文として、
売りの指値注文を出し、

 

予想通りに円高になる場合に利益を確定する
買い指値注文と、

 

円安になる場合に損失を限定する
逆指値注文を組み合わせます。

 

スポンサーリンク