取引しやすい通貨は米ドル?/基軸通貨、有事のドル買い...

取引しやすい通貨というのは何ですか?@

世界には多くの通貨がありますが、その中でも、
日本人が最もなじみのある基本通貨が米ドルです。

 

この米ドルは、
外国為替市場で最も多く取引されている通貨であり、

 

ニュースや情報も非常に多いので、
個人投資家にとっても取引しやすい通貨です。

取引しやすい通貨というのは何ですか?A

FXを始められたばかりの方の場合、
まずは米ドルからというのも多いようです。

 

ちなみに、
現在は、米ドルが世界の「基軸通貨」です。

基軸通貨とは何ですか?

基軸通貨というのは、
世界各国の通貨の相対価値を決める単位
として機能しているもので、

 

国際間の貿易で取引通貨として使用されたり、
各国の外貨準備通貨として蓄えられたりする
国際通貨のことをいいます。

 

第二次世界大戦までは、
世界貿易の中心であった英国の
ポンドが基軸通貨だったのですが、

 

第二次世界大戦直後の
新たな国際通貨体制への移行を機に、
米ドルがポンドに取って代わっています。

 

スポンサーリンク

有事のドル買いとは何ですか?

米ドルがポンドに変わって基軸通貨となって以降、

 

世界を不安定にするような事件が起きると、
資産を米ドルに換える動きが強まることから、
有事のドル買いといわれていました。

 

しかしながら、
2001年9月11日に米国で起きた同時多発テロ以降は、

 

再度テロが起きれば
米国が標的にされるという懸念から、

 

反対に
有事には米ドルが売られる傾向になっています。

米ドル/円の長期トレンドは?

米ドル/円の為替レートの長期トレンドは、
1985年のプラザ合意が重要な転換点になっています。

 

このプラザ合意により、
1981年から1985年9月まで続いたドル高基調が
ドル安基調に転換しました。

 

そして、それ以降は、
長期的なドル安トレンドになり、
1995年4月19日には
1ドル=79円75銭という超円高を記録しています。

プラザ合意とは?

プラザ合意というのは、
1985年9月に主要5か国の蔵相・中央銀行総裁が
ニューヨークのプラザホテルに集まり、

 

協調介入による
ドル高の是正を決定したことをいいます。

 

スポンサーリンク