ローソク足の見方は?/黒・白の意味は?

ローソク足とは?

ローソク足というのは、
始値、終値、高値、安値
の4本値をもとに書かれるチャートです。

 

始値より終値が高ければ白(陽線)、
始値より終値が安いと黒(陰線)で表します。

ローソク足の見方は?

ローソク足は、次のように判断します。

 

■陽線
・陽線は、買い勢力が売り勢力よりも強いことを表しています。

 

■陰線
・陰線は、売り勢力が買い勢力よりも強いことを表しています。

 

■陽線と陰線の長さ
・陽線と陰線の長さは、相場の勢いの程度を表しています。

 

■同時線
・同時線というのは、始値と終値が同じ値段の場合のことをいうのですが、
 この現象は相場の転換点で現れることが多いです。

 

■長いひげ
・高値圏での長い上ひげは相場の反落を、
 安値圏での長い下ひげは相場の反発を、
 それぞれ暗示するとされています。

ローソク足の名称について

ローソク足というのは、次のように、
その対象とする期間によって呼び名が変わります。

 

■1日 ⇒ 日足
■1週間 ⇒ 週足
■1か月 ⇒ 月足

ローソク足の黒・白の意味は?

ローソク足というのは、
始値、終値、1日の取引レンジ(高値・安値)
を表すチャートのことです。

 

一般的には、
始値が終値よりも高いときは黒く塗られ、
終値が始値よりも高いときは白抜きで表されます。

 

スポンサーリンク