カナダドルの特徴、アメリカ景気との関係、政策金利は?

カナダドルの特徴は?@

カナダは、サウジアラビアに次いで、
世界第2位の石油埋蔵量を誇るとともに、

 

ウラン、天然ガス、金など
多くの天然資源を輸出している天然資源国です。

カナダドルの特徴は?A

これにより、カナダドルは、
原油価格や金価格の影響を大きく受けます。

 

ちなみに、2005年以降は
原油価格の高騰や高止まりにより、
対円でも大幅な上昇を続けていました。

 

また、カナダはG7にも加盟し、
財政収支も貿易収支も黒字を維持しているので、
政治的にも経済的にも安定しています。

 

ただし、カナダドルは、
豪ドルやNZドルなどの資源国通貨と比較すると、

 

スワップポイントはあまり高くないので、
金利面の魅力から買われることはあまりないようです。

カナダとアメリカとの関係は?

カナダはアメリカと
国境を接しているだけでなく、

 

1992年に
北米自由貿易協定(NAFTA)に参加するなど、
アメリカ経済と非常に密接な関係にあります。

 

ちなみに、
アメリカ向けの輸出は、
カナダの総輸出の8割以上を占めています。

 

スポンサーリンク

アメリカの景気とカナダドルの関係は?

アメリカ経済が堅調なときは、
カナダ経済にも好材料を与えるという思惑から、
カナダドルが買われます。

 

反対に、
アメリカ景気が不調なときは、

 

カナダ経済にも悪影響を与えるという観測から
カナダドルが売られるケースが多いようです。

 

よって、
カナダドル相場の動向を予測する際には、
カナダの経済指標だけでなく、

 

アメリカの金融政策や雇用統計などの
経済発表も確認するようにしましょう。

 

ちなみに、
最近のカナダドル相場は、
資源国通貨としての特性が
より強く反映されるようになってきていますので、

 

原油価格や商品市況の動向にも
注意が必要です。

カナダの政策金利は?

カナダの政策金利は、
アメリカの政策金利の動向と似ているという特徴があります。

カナダ中央銀行(BOC)とは?

BOC(=Bank of England)は、
カナダ中央銀行のことです。

 

政策金利名は翌日物金利です。

 

スポンサーリンク