香港ドルと人民元との関係は?/ドル・ペッグ制とは?

香港ドルの特徴は?@

香港ドルは、
中華人民共和国の特別行政区である香港の通貨です。

 

香港は、1997年に
イギリスから中国に返還されましたが、

 

現在でも返還前と同様、
独自の通貨を発行しています。

香港ドルの特徴は?A

そして、
香港ドルの一番大きな特徴として、
ドル・ペッグ制を採用していることがあげられます。

 

なお、香港ドルは、
他の国のように中央銀行が発行するのではなく、

 

次の3つの民間金融機関によって、
それぞれ異なる図柄の紙幣が発行されています。

 

■香港上海銀行
■スタンダード・チャータード銀行
■中国銀行

ドル・ペッグ制とは?

ドル・ペッグ制というのは、
為替レートを一定の水準に固定する
固定相場制の1つで、

 

自国の通貨レートを
米ドルに連動させる制度のことをいいます。

 

香港ドルでのドル・ペッグ制は、
1983年から1米ドル=7.8香港ドルで導入されましたが、

 

2005年には通貨制度が変更されて、
1米ドル=7.75〜7.85香港ドルの間での
変動相場制に移行しています。

 

しかしながら、
非常に小さな幅での変動なので、

 

基本的には、
香港ドル/円相場は、
米ドル/円相場と似たような動きをします。

 

スポンサーリンク

香港ドルと人民元との関係は?

香港ドルは、
中国の通貨である人民元に
最も近い通貨として位置づけられています。

 

よって、
今後人民元が切り上げられると、

 

香港ドルも連動して切り上げられる可能性がありますので、
人民元の動きについては要注意です。

 

ただし、
香港ドルが将来的にどうなるのかについては、
現段階では不透明なままです。

 

現状のままドル・ペッグ制が維持されていくのか、
あるいは香港ドルと人民元の
一国二通貨制度を継続していくのかなど、

 

今後どうのように制度が変更されるのかによって、
その評価も変わってくると思われます。

人民元切り上げとは?

人民元というのは、
中国の通貨です。

 

かつては中国では、
固定相場制をとっていたのですが、

 

2005年7月に、中国人民銀行が
通貨バスケット制を採用した
管理変動相場への移行を発表しました。

 

これによって、
1ドル=8.2765元から、1ドル=8.1100元になり、
2%の切り上げが実施されました。

 

なお、人民元の切り上げ観測は、
円高ドル安要因とされるため、
為替市場にも影響を及ぼします。

 

スポンサーリンク